〆2人が気になるアレコレ追究!

【 〆2人が気になるアレコレ追究! 】 記事一覧

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

9.11の真相に迫る!!

〆2人が気になるアレコレ追究!

まだ記憶に新しい2001年9月11日、アメリカで起きた同時多発テロ。
世界中を震撼させた事件の真相とは? あの日あの場所で一体何が起こっていたのか、その真実に迫る。

華氏911  放送期間:9/30(日)正午まで 番組時間(CM除く):2時間2分17秒

華氏911  放送期間:9/30(日)正午までボタンをクリックすると上映が開始されます。

監督・製作・
脚本:マイケル・ムーア
出演:マイケル・ムーア、ジョージ・W・ブッシュ
(記録映像)
2004年 /アメリカ

2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件。
マイケル・ムーアがブッシュ政権の対応を、ユーモアを交えながら痛烈に批判するドキュメンタリー映画。 カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを獲得し、さらに親会社のディズニーからの政治的圧力を受けたミラマックスが、全米での配給を拒否したとの噂も流れた問題作です。

2000年の大統領選挙で、フロリダ州当確を得たブッシュの不正疑惑や
同時多発テロ前後の大統領としての行動、ブッシュ家とビンラディン一族の意外な繋がり
などを通してブッシュ政権のあり方を批判。
さらにマイケル・ムーアは、イラク戦争の是非も問いかけていく。

 アメリカ同時多発テロ事件 - Wikipedia

下記の映像(動画)は、全て英語などの外国語のモノばかりです。あしからず・・・

映像が自動再生されないことがあります。その場合は手動で、再生してください。

 

この9.11を企てた張本人と言われている、オサマ・ビン・ラディンとは・・・
実は、アメリカとの関係は・・・けっこう深いものがあるんです。

9.11が起きた当時、わたしは・・・尊敬していたアフガニスタンのマスード将軍が、テロ行為により
殺害されたことの追悼を兼ねて、あるサイトを立ち上げ。ビンラディンのことについても色々と
調べました。その内容を簡単に、アメリカとの関わりが深い部分だけ抜粋して書きとめておきます。

インサイド9/11  vol.1 オサマ・ライジング

番組時間(CM除く):47分1秒

ボタンをクリック
すると上映が開始されます。

オサマ・ビンラディン率いるアルカイダは、どのように誕生し、テロ攻撃を実行するに至ったのか。

の続きは、下記の↓続きはコチラから↓に、あります。

 

19世紀以来アフガニスタンは伝統的に、南下を図るロシアとそれを阻止しようとする欧州列強との間で、一種の緩衝国となってきた。

米国やパキスタンにとって、ソ連がアフガンを支配することはインド洋へのアクセスを与えることになり到底容認することはできない。また同じ時期イランで起きた革命のように石油の供給基地・中東を不安定化することも避けなければならなかった。

米国にはもう一つの秘められた狙いがあった。アフガンを「ソ連にとってのベトナム」にすることだった。この作戦は図にあたり、ソ連はアフガン支配に失敗したばかりでなく。これを機に自己崩壊を遂げてく。このような大国の思惑とは、別に各国のイスラム原理派も国際連帯に乗り出していく。

5千人の連帯戦士たちは「アフガニスト」と呼ばれイスラム青年の熱狂的な尊敬を
集めた。なかでも有名なのがサウジアラビア出身のオサマ・ビン・ラディンだ。

彼は大金持ちの息子でありながら、コーランの教えに忠実に従い10年間にわたり戦闘に直接参加し無私の貢献をおこなった。アフガン戦争の英雄となった彼は、
イスラム世界で強い影響力を発揮するようになる。

このゲリラ活動を支援していたのが、アメリカとパキスタンとサウジアラビアだ。
アメリカは武器とゲリラ戦術を、パキスタンは訓練場を、サウジアラビアは、
その資金を、それぞれ提供し一流のゲリラを養成した。

余談になるが、現在イスラム原理主義として、あっちこっちで「アラブ・アフガン」と
呼ばれる人たちがテロ活動をしている。

この人たちはソ連介入のときにアフガニスタンに馳せ参じゲリラ養成所で訓練を
受けた外国のイスラム教徒たちである。ソ連撤退後、彼らは自分たちの国に帰り
反政府活動・反米活動をしている。(以上が簡単なビンラディンとアメリカとの関係)


わたしは、この9.11とビンラディンという人物の歩んだ歴史を想うと・・・
いつしか、この9.11は、アメリカが実は、自ら招いたのではないかと感じるようになりました。


それは、ただ純粋に「霊的な視点」から、過去からの関係性と、その後の歴史というか関係を見たときに。
単純に考えて、カルマの法則が当てはまるような気がしたからです。

でも、その後は9.11のことも自分自身も、そんなに深く考える機会がなくなり・・・それから数年の年月が
過ぎていき、今回・・・再び、このことに関して向き合ってみたくなりました。「真実」は何だったのか?
その素朴な疑問が、わたしを掻き立て・・・改めて調べてみたくなったのです。

すると、意外な「真実」が・・・ネットの中にも、溢れていました。
下記にリンクしているサイトには、非常に興味深いモノが多々あります。ぜひ、読んでみてください。
スポンサーサイト

▲PageTop

あと5年チョットですかぁ?

〆2人が気になるアレコレ追究!

昨日、検索をしていたら・・・あるサイトに辿り付きました。なんだか、とっても不思議な不思議なサイト。
そこにビックリするようなことが書いてありました。

 2012年12月に地球は滅亡するか?答、東京はビンラディンの顔を現しています。
ヽ(。・o・ヽ)Ξ(/・o・。)/ えー!とビックリするよりも、何だかスゴク難しくて・・・( ̄_ ̄ i)

神の啓示を受けてるってことのようなので、わたしのような凡人には理解できないのかも知れません。
ときどき、何かスゴイこと書かれてる方がいらっしゃいます。チャネリングとかコンタクトとかなんだと、
想うのですけど・・・わたしも、普通の人より・・・チト敏感(霊的なことに)って程度なので・・・
なるほどなぁ?って想える部分と、(; ̄ー ̄)...ン?って部分があるんですよね。(^^;;

この2012年12月っていうのは、
日付けの正確さはともかくとして終末は近いことは間違いないと思います。・・・ってことのようです。

わたしには、書いてることの意味が赤字の部分しか理解できず・・・ブログの意味は、
よく解からなかったので・・・なんとも、いいようがないっていうのが正直なとこでしたが・・・

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・ただ、確かに、いまの地球って・・・このままいくと、北極グマも1/3までに
減ってしまうとかって最近ニュースで流れてましたし。ホント独り独りがエコとかも意識していかないと、
大変なコトになってしまうなぁ?っていうのは、わたしもスゴク感じます。

人間って、武器を手にしたことで争うようになったのかも知れないですよね。欲とか権力なんかも、
きっと武器を手にしたことで、底なし沼のように深く大きく強くなってきたのかも知れないなって想います。
わたしには、難しいことは解からないけれど・・・でも、そんな気がします。未来のために今を大事にして。
未来のために、自分にもできること今からやらなきゃって想います。子供たちの未来のためにも・・・

▲PageTop

大地震と富士山噴火

〆2人が気になるアレコレ追究!

お昼前から、雷雨がスゴかった!です。アメリカでも山火事が・・・放火とかって話しもあるけれど、
でも地元の気候とかも作用して、あんなにも拡大してしまったんですものね。

人間は・・・この地球上の頂点みたいに、ふるまってきてしまった部分があるけれど・・・だけど、
これからも自然の力は偉大だと思います。何とかしようなんて、浅はかなんですよね。

人間だってストレスのエネルギーが溜まったら・・・爆発しちゃうことがあるように、自然だって
あまりにも人間が、好き勝手やってるようじゃ怒りも爆発したって当然だと思います。
確かに・・・自然も、最近はキレやすくなっちゃったのかも知れないけれど・・・

わたしが住む地方でも、大きな地震が近いうちにあるんじゃないかって言われてますが・・・
関東それも都心での大地震も、専門家の間では懸念されてるようです。 あの富士山も近い将来、
大噴火するんじゃないかって話しもありますからね。今回お届けする映像は、シュミレーションなども
交えて・・・そんな内容のものです。なんかリアルで・・・現実味のある話しだけに、あなどれません・・・

都心での大地震と富士山の大噴火

 東京首都圏の大地震について    迫り来る!東京・東海大地震    

 富士山、次の噴火はいつか?    富士山噴火史

わたしは小学校を卒業するまで関東に住んでたのですが・・・
確かに、関西に越してから感じたのは、地震が関東に比べたら、少ないのかなぁ?ってことですかねぇ。

カリフォルニアの火災も下火も、かなり範囲が縮小してきたようなので・・・ε-(´▽`)ホッですね。

▲PageTop

「悪の枢軸」は、誰だ

〆2人が気になるアレコレ追究!

福ちゃんは、霊的な観点から「霊的真理」を追究しています。わたしは「真相追究」を重点にして・・・
いろんなニュースなどの出来事や、情報に視点を向けながら・・・「真実」というものを考えてきてます。

わたしは、ときどき・・・言いようの無い不信と疑問を抱かずにいられなくなるときがあります。

それは日本という国家に対しても、アメリカなどの国々に対してもなのですが・・・
「真相」を追究すればするほど・・・どの国にしても、

本当に・・・その国家の国民のことを考えているのだろうか?と思うんですよね。何かの力が働いてて、
まるで誰かが故意に隠蔽工作してるとしか思えない・・・それが、いまの世の中の実態なのかなぁ? 

今年に入ってブログを福ちゃんと書き始めて、以前に増して・・・いろいろなことに眼を向けるようになり。
とくに、「戦争」に関して別途のブログにて投稿しながら知るにつれ、戦後の日本とアメリカとの関わり
なんかを知ると・・・その疑問と不信は・・・益々、脹らみ広がっていくばかりです。

ブッシュ大統領が言ってた「悪の枢軸」って言葉・・・「テロとの戦い」って言葉・・・
わたしには、これらの言葉は・・・アメリカに返っていくような気がしてならないです。

米国のサブプライムローン問題やカリフォルニアの大火事。最近では「第三次世界大戦」という言葉が
アメリカから・・・ことあるごとに聞かれるようになってきています。負のエネルギーを撒き散らすなぁ?

ホント言いたいくらいなんですが・・・アメリカの「正義」ってなんなんだろうって、マジで思ってしまう。
そもそも先住民だったインディアンの95%を虐殺した事実があるのに・・・

少数になっても伝統と誇りと「魂」(たましい)を失わず、忘れずに生きているインディアンの人々・・・
かつての日本も、同じように日本の伝統文化や伝統を守り。大和魂の精神の元、誇りを持って
生きていたはずなのに
・・・なんで、違ってしまったんだろうって思うことがあります。

きっと・・・敗戦したことで、日本がアメリカの傘の下に入ってしまったからなのかなぁ?って感じます。

大和魂 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E9%AD%82

大和民族 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E6%B0%91%E6%97%8F

▲PageTop

不思議な宇宙実験塾

〆2人が気になるアレコレ追究!

2007年9月11日に急逝された物理学者に、神坂新太郎さんという方がいらっしゃいますが・・・
ご存知でしょうか?優しい笑顔が印象的な神坂さんですが・・・

神坂さんは60数年前、戦争に疑問を持ち、軍事教練を拒否して中学校を中退し。その後・・・
世間では常識とされることの多くに疑問を持って、独自の方法で研究、実験による検証を繰り返し、
まったく新しいエネルギーの測定に成功「銀河運動装置」の開発者という経暦の持ち主です。

また・・・神坂さんは地底に住むというアルザル人とも面会したそうです。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 神坂新太郎先生が巨大マザーシップに乗船され、地底に住むアルザル人と会われました!

の本の著者でもある飛鳥さんは、漫画家でもあるのですが・・・子供の頃に読んでた雑誌とかにも、
考古学とか不思議な話しとか書いてあって。夢中で読んだりしてましたねぇ?
ちなみに下記の本などに「アルザル人」のことが、書かれてるようです。 

 飛鳥 昭雄(あすか あきお公式サイト

アポロ計画の謎と月空洞論 
(ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)

亜空間の謎と地球空洞論
(ムー・スーパーミステリー・ブックス)

アポロ計画の謎と月空洞論 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)

亜空間の謎と地球空洞論 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)

(2005/11)飛鳥 昭雄、三神 たける 他

商品詳細を見る

(2004/07/28)飛鳥 昭雄、三神 たける 他

商品詳細を見る

 地球空洞説 - Wikipedia      地球空洞説      地球空洞説

 X51.ORG : 地球空洞説、地底の小太陽、そして地底人

 失われた10支族(前編)      失われた10支族(後編)


アルザル人とか。月や地球の空洞説とかってのは・・・。。。o(゜^ ゜)ウーンわたしには、ワカラナイけど。
わたしもUFOは・・・見たことがあるので、まぁ・・・アルザル人が居たとしても。月や地球が空洞でも・・・
別に何も不思議じゃないし。神坂先生の話しも、ありえることだと思うので・・・

何でもかんでも否定して生きるより。信じて受け入れてみることも自分の経験上・・・
起きたことはネガティブなこととかでも。結果的にポジティブに乗り越えてこられたので・・・(*^^*)

宇宙実験塾  神坂新太郎の世界

 神坂新太郎の世界トップページ   地球空洞論 - 時空研ブログ

 神坂新太郎先生応援ブログ!!:今後の5年間に起こること

 神坂新太郎さんのホームページ 地球のアセンションと未来を一緒に考えましょう

 神坂新太郎先生懇親会での質疑応答 - デイリー ルーツファインダー - 楽天ブログ(Blog)


▲PageTop

文明の滅亡の要因は何処に

〆2人が気になるアレコレ追究!

マヤ族の末裔ラカンドン族

考古学者の間では「謎の古代文明」と
呼ばれたマヤ文明。マヤとはメキシコ
先住民の言葉で「周期」を意味し。

マヤ文明とは「時間の文明」という
意味なのです。

メキシコ・チアパス州の奥深い
ジャングルに、マヤの末裔と言われる
「ラカンドン族」が 暮らしています。

彼らは・・・マヤ族が行ってきたように
いまも焼き畑農業でトウモロコシを作り
暮らしているのです。


そして、日本人と同じモンゴロイドの血を引くラカンドン続です。
マヤ族が滅びた原因は、未だもって・・・ ハッキリとワカッテはいません。しかし・・・マヤ文明が残し・・・
ソレを、いま尚引き継ぐラカンドン族の中に、いまの我々の文明の崩壊を連想させるようなモノもある気が
します。もちろん、ソレは・・・マヤ文明の謎の滅亡とは直接関係することでは・・・決してありませんが・・・
マヤの食生活を支えてきたトウモロコシ。そのトウモロコシを栽培するために行われてきた、焼き畑農業。
ソレを・・・いまの時代にも行ってるラカンドン族ですが・・・最近は年々、畑の場所が遠のいてるそうです。

焼き畑農業とは・・・熱帯の土壌はやせて酸性のラトソルが主体のため作物の栽培に適していない。
そこで、熱帯雨林に火を付けて開拓することで、灰が中和剤となり土壌が改良される。

つまり・・・森林が焼かれ消滅することになるのです。そして、それによってCO2も排出されています。
時代は違えども、いまの時代と同様に文明の発展が活発化していた時期に突然滅亡したマヤ文明。
ある意味・・・いまの時代とリンクするような気がしてなりません。

失われた時への旅|番組時間:58分44秒 放送期間:3/30(日)正午まで


画像クリックすると、はじまります。

◆撮影地 ギゼー(エジプト)/サントリニ島(ギリシャ)/シルクロード(アフガニスタン)/パルミュラ(シリア)/バーミアン(アフガニスタン)/ペトラ(ヨルダン)/サンタマリア・デ・ガレーリア(イタリア)/フスタート(エジプト)/カンルディバネ(トルコ)/クズカレン(トルコ)/アステカ(メキシコ)/テオティワカン(メキシコ)/マヤ(メキシコ)/アスワン(エジプト)

アフガニスタンのシャリ・ゴルゴーラ、ヨルダンのペトラ遺跡、ナイル川上流・王家の谷の壁画に見る死後の世界、シルクロードの拠点・パルミュラ遺跡など・・・世界各地に残るさまざまな遺跡や文化財を取材し、遺跡の持つ悲しさ、美しさを描き出す。
※この映像はNHK「未来への遺産」で1974/03/22に放送されたものです。

天は語らず大地をして語らしむ|番組時間:58分57秒 放送期間:3/30(日)正午まで


画像クリックすると、はじまります。

◆撮影地 サハラ砂漠(アルジェリア)/タッシリ・ナジェール(アルジェリア)/インダス川(パキスタン)/モエンジョ・ダロ(パキスタン)/メソポタミア(イラク)・ウルク(イラク)/ティカル(グアテマラ)

急に乾燥し始めたサハラ砂漠、インダス文明発祥の地・モエンジョ・ダロ、シュメール人が築いた世界最古の都市ウルとウルク、マヤ文明発祥の地グアテマラ。これらを通し、「自然との関係の中で、文明は興亡を繰り返してきた」という観点から、かつて高度な文明を誇った遺跡がなぜ滅びたのか、謎に迫る。
※この映像はNHK「未来への遺産」で1974/04/25に放送されたものです。

 特集:新説 マヤ文明 その繁栄と崩壊 1
かつて繁栄を極め、やがて滅亡を迎えたマヤ文明の謎をひも解こうと、考古学者や
歴史学者が現在も各地の遺跡で調査を続けている。ユカタン半島の地図に、重要な
鍵を握る遺跡15カ所の情報を集約した。

 特集:新説 マヤ文明 その繁栄と崩壊 2
ナショナル ジオグラフィック協会は1957年以来、数多くのマヤ発掘調査を支援してきた。
これまでの調査によって得られた数多くの成果を、インタラクティブ・マップで振り返る。

 特集:マヤ文明の聖なる洞窟
古代マヤの人々は、聖なる場所とされる洞窟にこもり、神に祈りを捧げた。
写真家と人類学者が、神秘あふれるその洞窟の世界を案内する。

 マヤ文明 - Wikipedia    マヤ文明のページ◆マヤ文明◆    マヤ文明滅亡

 西遊旅行のサハラ特集
タッシリ・ナジェール国立公園,ジャバレン,セファールの白い巨人,ジャネット,タマンラセット,

 ラカンドン族との歴史的セレモニー    トップ インカ・マヤ・アステカ展


▲PageTop

未経験は肯定も否定もせず

〆2人が気になるアレコレ追究!

2012年の黙示録―ついに解読された終末予言

先日、買ってきてもらった64読み終えました。本を読むのは本当に久しぶり。(^^;;
ましてや完読したのは、数年ぶりかも・・・( ̄_ ̄ i)

この本の内容は、以前・・・福ちゃんが投稿していた「フォトンベルト」の話し。
 ツインソウル心と魂の旅 偶然だと言い切れるのだろうか だけでなく。

同様の話しは、「ヨハネの黙示録」「マヤ文明の暦」「日月神示」などなど・・・
予言や。物理学者・宗教家・古代文明・・・などなどでも、言われていることですが・・・

29の帯に書かれていた言葉を、取り上げてみると・・・こんな感じです。
「2012年12月22日、現代文明は終わりを迎え、地球と人類は次元上昇する!」
ヨハネ黙示録、アセンション論、日月神示・・・数々の終末予言の検証を通して、
地球と人類の「未来像」を明らかにし、使命とは何かを訴える。

現代文明の終焉は宇宙の周期として、そのように決められているため
これは・・・マヤ文明の暦・アスティカ文明の暦・・・なんかと一致する部分があるそうです。
また天文学者とかなどの中にも、そうした宇宙の周期について論じている方もいます。
以前、ココでも取り上げた物理学者神坂新太郎さんも、その中の独りで30の中にある
映像の最後から2ツ目の話しの中で、直接・・・そんな話しをされてます。
 ツインソウル心と魂の旅 不思議な宇宙実験塾

終末に至るまでは、天災や戦争やテロなどが起こる!
これは・・・わたしたちも・・・数年前から、感じてくる波長(はちょう)というか。波動というのか。
そんな感じのモノで、自分たちの中では思ってきてたことなので・・・最近の異常気象なども、
「ヤッパリそっかぁ?」と思っています。この辺りの話しも、ヨハネの黙示録とかにもあります。

まぁ・・・そんなことを除いて考えたとしても、地球温暖化や今の中東やアメリカとの関係から見ても。
決して、有り得ない話しでは・・・ありませんからね。この話しは、現実味があるところでもあります。


終末は素晴らしい世界に移行するための「産みの苦しみ」
これは・・・以前、紫音(Zion)さんがくれた言葉でも解かるように蝶だって、大空に羽ばたくまでには
数々の段階を経てからでないと、絶対に孵化していくことって無いので・・・こうしたことが、もしも・・・
現実になることがあるならば、当然のことだと思います。まぁ・・・天災や戦争・テロという話しにしても
そうした意味からすれば・・・必然になってくるんでしょうけれど・・・

人間、独り独りが成長したていく上でも、「魂」(たましい)の成長においても・・・そして、そうしたことは
国家や世界や地球規模でも宇宙全体を考えても、有り得る話しです。でも成長していくために必要と
なってくるための要素が、何も好いことばかりとは限らないですからね。

人間だって傷付いたり辛いことや苦労を重ねていくことで、「魂」(たましい)が成長していく場合もあり。
好いことばっかり望んでしまっていては、逆に孵化する前に・・・成長が止まってしまうかも知れない。

終末のことは別として考えても・・・これは、どんな人にも。どんな場合にも。どんなことにも有ります。

地球の次元上昇を阻止しようとする陰の勢力がある!
これは・・・昔から言われてますよね。わたしたちも、出逢ってから霊的真理を学んでいくって決意し。
自分の憑依・霊媒体質が本格化(苦笑)しだした頃に、感じてきた波長(はちょう)のヒトツでした。
悪い波長(はちょう)の霊的なモノ(悪魔も含む)と、我欲の強い人間とが手を結んで裏で世界を
動かしてたり。悪い方向へと進むような波長(はちょう)というか「波動」をばら撒いてる感じを・・・

具体的に、よく名前が出てくる組織としては・・・フリーメイソンとか。300人委員会とかです。
これは世界的な組織だって言われてますし。世界的にも有名ですからね。


終末期、人類は「卒業組」と「落第組」に振り分けられる!
これは・・・終末に限らず・・・人間の死後にも言えることだと思います。まぁ・・・死後の場合は、
もっと細かく階層が、分かれているようですが・・・参考資料 階層世界と階層の法則

でも人が生まれる目的は、「魂」(たましい)の成長なので・・・地球や人類がアセンションするなら、
こうしたことがあっても不思議じゃないし。逆に必然だって思います。逆に、そうでなければ・・・
アセンションする意味合いが、なくなってきてしまいますものね。


どのような人間が次元上昇できるのか?
これは
・・・何も、この宗教を信仰しているから・・・などという、以前オウムが終末を訴え言ってたような
そんなことは無いと、わたしは思いますね。逆に、そんな次元の低いコトに拘るような人類はムリやろ
と・・・福ちゃんは言ってましたが・・・わたしも、そんな気がします。

わたしたちは・・・「霊的真理」を、いちばん大事に考えて・・・ソレを学んでいきたいと思ってますが・・・
それは自分が憑依・霊媒体質で、福ちゃんが「霊魂」だったから・・・必然に、それが自然だったのかも。
だから、日々のブログ投稿での気付きと・・・それによる学びは、楽しくて幸せな時間なんですよね。

イエスの死後復活も仏教の即身成仏も、次元上昇(アセンション)を意味していた!
これは・・・イエスについては、キリスト教の知識が乏しいので・・・即身成仏は・・・現在の身体のままで
仏となることですが・・・日本の僧侶のミイラとかでもありますね。

想像したら、きっと究極の至福なのかも知れないなって少し思ったりします。悟りながら、徐々に・・・
「魂」(たましい)が肉体を離れていくって・・・そんな感じで、苦しいとかって感情もないんだろうなって。

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・つまり、次元上昇「アセンション」は、それを経験できるかも知れないって
ことなのかも知れないですね。?( ̄[] ̄;)おお?っ!!素晴らしい!の一言です。

。。。o(゜^ ゜)ウーンまぁ、でも実際のところ・・・こうしたことが現実に起こるかどうかってことは、
正直そのときになってみないと、ワカラナイっていうのがホントのところなんでしょうね。そお思います。
今までにも、ノストラダムスの大予言だとか。ハルマゲドンだとか。最近じゃニビル星の接近・・・なんて
話しもあって、終末論や予言は・・・昔から人間の関心事でもあったのかも知れないです。

わたしたちは、どんなことも「有り得る」という考えや想いは・・・何に対しても、持っているので・・・
肯定も否定もする考えも気持ちも、まったく持っていないので・・・どれも興味深い話しです。 
だって、自分が経験してれば「確信」持てることでも。自分が経験してなきゃ・・・ねぇ?
ホントのところどうかなんて、経験した人間にしか・・・解かりっこないんですものね。

まぁ、この本に書かれていることに限らず。「ヨハネの黙示録」「日月神示」「マヤ暦」などなど・・・
そうしたモノに記載されているような出来事が、今後・・・本当に起こったとしても。それを・・・
受け入れていくだけだろうと思ってます。そのときに後悔しないよう、日々を大切に生きる。

それだけですものね。久しぶりに、読書が楽しくなってきました。おっと・・・そういえば、
「読書の秋」だぁ?(*^^*)フォトンベルトに関しては、もう少し別の本も読んでみよっと・・・

▲PageTop

Menu

Category一覧


〆ツインソウル心と魂の旅...“φ (44)
〆ツインソウル愛と絆の証...“φ (83)
〆光に向かって①[気付き学び] (140)
〆光に向かって②[気付き学び] (90)
〆キーワード探し①..φ(゚ー゚=) (129)
〆紫苑の里[真理を学ぶために] (69)
〆前世&過去・Leading (24)
〆-紫音(Zion)- [言霊通信] (47)
〆コトノハ言葉の贈り物[メッセージ] (21)
〆いろんなコト①..((φ(..。) (86)
〆いろんなコト②..((φ(..。) (126)
〆ふたりの心のつぶやき① (135)
〆ソウルスピリットライフ① (139)
〆ソウルスピリットライフ② (167)
〆あなたへのメッセージPart.1 (210)
〆あなたへのメッセージPart.2 (224)
〆[霊的真理辞典]“φカキトメ (71)
〆スピリチュアル関連情報 (12)
〆映像を見聞し考え気付き学ぶ (62)
★〆チャッピーのつぶやき-END-★0,0 (0)
★携帯待ち受け画像-END-★2,0
 〆おまじない待ち受け画像など (0)
 〆携帯メッセージ待ち受け画 (33)

★ライフコミュニケーション-END-★4,0
 〆あれこれパワーストーン情報 (11)
 〆ミスティカ・オラソマ&占い (0)
 〆シネマ&ミュージックの部屋 (21)
 〆2人が気になるアレコレ追究! (33)

★エコロジーなどの情報など-END-★4,0
 〆気になるアレコレ色んな情報 (34)
 〆できることからはじめよう (0)
 〆地球環境と自然動物保護 (0)
 〆日本と世界のアレコレ (0)

★趣味とオークションを楽しむ工夫-END-★0,0 (0)

+ブログ内検索ぷらす+

Skype Me™!

+このブログのカテゴリー+

カテゴリーの最初にマークが
あるものは投稿終了しています。

+ページ・セレクター+


+ページ・セレクター+
各ページへ選択⇒直行できます。
TOTAL Pages 5

+投稿全記事表示(≧ω≦)bOK!+
このブログの全記事を別途で表示
+全て投稿記事は印刷できます+

+ふたりの全ブログ・リンク+


★ふたりの全ブログ・リンク★

My・Blogへの
★ふたりの全ブログ・リンク★

このBlogは日々の暮らしなど
からの気付きと学びなどを、
書き留めているモノです。

ツインソウル心と魂の旅 ~光に向かって~

このブログは霊と霊媒のツインソウル
によるスピリチュアルな生き方
や霊的真理を学ぶためのもの。

ツインソウル【学び舎】

ソウルメイト関連や心や依存などの
学びに関する資料の倉庫です。

CHANNELING BOOK

ハイヤーセルフなどとのチャネリングの
ことに関しての学びの部屋。

A requiem

戦争などを通じて愛と平和を
考え真実を伝えていくために。

VIDEO_ROOM

動画専用の趣味ブログです。
押尾コータローさんのライブ
録音のDLできます。

アコギなシネマ by ジブンWalker

映画に関する資料ブログです。

ココだけ日記“〆

♥ゆか♥のプライベートブログ。

+心に響く言葉の贈り物+


+名言黒板+

知識から意識へ
今、知っておきたい大切なこと


ツインソウルを捜して

投票 - あなたは真実の相手に
出逢いましたか?

ソウルメイト・テスト

あなたが本当に求めているソウルメイトへの重大な鍵がわかります。

霊感診断

霊感(憑依体質)度チェック

+管理人のプロフィール+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。