FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←あなたへのメッセージ?28 →ロスチャイルドについて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総 索 引 3kaku_s_L.png ★携帯待ち受け画像-END-★2,0
総 索 引 3kaku_s_L.png ★ライフコミュニケーション-END-★4,0
総 索 引 3kaku_s_L.png ★エコロジーなどの情報など-END-★4,0
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

〆光に向かって①[気付き学び]

マズロー五段階欲求説

 ←あなたへのメッセージ?28 →ロスチャイルドについて

マズロー五段階欲求説

人間にとって「欲」を持つことは、
いけないことなのでしょうか?

心理学者のA.H.マズローが
提唱した人間の欲求についての理論
それが「マズロー五段階欲求説」

マズローによると、人間の欲求は
5つの階層で説明ができ、ある階層の
レベルの欲求を満たすと、1段階上の
欲求に駆られる・・・と、いうものです。

 


LEVEL1【生理的欲求】 欠乏充足欲求(飢えを癒す)
生理的欲求とは、いわゆる人間の三大欲求と言われる食欲・性欲・睡眠欲です。


LEVEL2【安全の欲求】 欠乏充足欲求(安全を求める)
安全への欲求とは、自分や家族を危険から守りたいという欲求です。


LEVEL3【社会的欲求】 成長欲求(所属と愛の欲求)
社会的欲求とは、仲間はずれにされたくない、人から愛されたいという欲求のことを言います。


LEVEL4【自尊欲求】 成長欲求(評価・承認欲求)
自我欲求(または自律欲求)とは、自分の能力に自信を持ち、
また他人からも認められたい、尊敬されたいという欲求を言います。


LEVEL5【自己実現の欲求】 成長欲求(自己実現欲求)
そして最高位の自己実現欲求(または自己発現欲求)とは、自分の潜在的能力を
顕在化させたいという欲求で、この欲求は無限大だそうです。(満たされることはない)



間は、【生理的欲求】のような低次欲求が満たされて始めて、
より高次の欲求を実現していこうとする動機が現れてくるものなんだそうです。

高次の欲求とは、まず【社会的欲求】となって現れてきます。具体的な欲求の内容とは・・・

自分が属する集団の中で深く理解され、深く受け入れられたい。
一つの位置を占めたい。といったものなどです。

社会の一員として会社や組織や地域などの中で、必要に応じて起きてくるものかも知れません。

この次に現れる欲求が【自尊欲求】で、これも成長していく上で起きてくる欲求と言われています。

その欲求の内容には、次のようなものがあります。

自尊心を満たす。
他者から注目、評価を受けたい。



かし、この【社会的欲求】【自尊欲求】は、高次の成長の欲求とはいえ・・・
まだ根底にあるものは自分中心的な思いや考えや気持ちなのかも知れません。

では・・・LEVEL5【自己実現の欲求】になってくると、どういった欲求内容があるのでしょうか。


審美的欲求。
自由、個性、楽しみを求める。
心の豊かさを求める。
自分自身を充実させる。

けれど、たとえば・・・審美的欲求・・・【審美】という言葉の意味は、美醜を見分けること。
【美醜】とは、美しいことと、醜いこと。


霊的成長という観点から考えた場合、外見的に考えたり捉えること自体・・・好ましくないことを考えると。
あくまでも、このマズロー五段階欲求説は・・・人間的に見たり考えた場合ということなのかも知れない。

最初に投げかけた疑問・・・人間にとって「欲」を持つことは、いけないことなのでしょうか?を、

逆に霊的成長という視点で考えた場合・・・こうした五段階欲求という過程があるからこそ。
人は・・・本当の意味で、霊的成長ができるような気がします。

それは、自分自身を振り返っても、そう感じるし。きっと、こうした欲求を乗り越えていかないと・・・
本当には成長できないのかも知れない。

「欲求」を持つことが悪いのではなく、「欲求」を自分でコントロールしていけるようになれないことが
きっと・・・好くない結果を生み出していってしまう・・・そんな気がします。




関連記事
スポンサーサイト

総 索 引 3kaku_s_L.png ★携帯待ち受け画像-END-★2,0
総 索 引 3kaku_s_L.png ★ライフコミュニケーション-END-★4,0
総 索 引 3kaku_s_L.png ★エコロジーなどの情報など-END-★4,0
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
【あなたへのメッセージ?28】へ  【ロスチャイルドについて】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。