FC2ブログ

〆ふたりの心のつぶやき①

体や心ではなく魂が喜ぶことを優先

 ←小規模から大規模へ・・・ →あなたへのメッセージ?262

久しぶりに投稿・・・僕なりに、このブログを訪れてくれている人たちのキーワードを探ってみると・・・
いまの相手が『ツインソウル』(双子の魂)か、どうなのか・・・知りたいと思っている人も多い気がする。

一言で言うならば・・・『ツインソウル』(双子の魂)との関係で最大の喜びは「学び」に尽きるだろう。
つまり・・・「霊的真理」への目覚め。「魂」(たましい)の覚醒。霊的視点での生き方・・・そうした価値観である。

一方、そうでない場合は・・・「男女」という視点での考えや気持ち思いが優先され。それに感情が伴い、
結果的に右往左往してしまう。だが・・・『ツインソウル』(双子の魂)であれば、そんなことは決してない。
なぜなら・・・必要ないからにすぎないのだろう。

男に限ったことではないが、「欲情」というものは・・・そう簡単には、消えないしなくならない。
人として死を迎え、肉体が朽ち果てたとしても・・・哀しいかな「欲情」は残るのである。
実際、オレ自身・・・死後も、そうした欲とも闘ってきている。

それは『ツインソウル』(双子の魂)の相手である相棒(ゆか)との関係の中でなく、
男女つまり人としての気持ちが優先されてしまう相手との関係だ。僕の場合は・・・
その相手は、死後に出会ったライトパーソンだった女性との関係に措いて・・・
男としての感情が、イヤというほど現れてくる。

だが・・・『ツインソウル』(双子の魂)の相手には、そうした「欲情」という「感情」には左右されることはない。
ふたりにとっての最大の喜びは、互いの「魂」(たましい)の成長そのものだからなのかも知れない。
コレは、明らかに他に対するものとは違う。全くの無条件で、全面的に受け容れられる唯一の相手。

そこには、嫉妬や不安や・・・ネガティブな気持ちや考えをもたらす感情は、存在しないくらいかも知れない。
なぜなら・・・ふたりにとって、どんな関係だとか。どんなカタチだとかってことなんかよりも出逢えたこと・・・
ソレこそが、安心し心地好く気持ちの好いことだからなんだろう。

「魂」(たましい)と「魂」(たましい)で結ばれている関係下での至福感は、セックスなど比べ物にならない。
物理的な満足感など、それこそ・・・絶頂に達した後は・・・醒めていくだけだ。だから繰り返すし求める。
その物理的な快楽を得るには、「肉」を持って知ることしかできないからなんだろう。

だが・・・「魂」(たましい)と「魂」(たましい)がもたらす、ホンモノの至福感は・・・「肉体」など伴わない。
つまりセックスなどでは、逆に得られないものなのかも知れない。醒めることもない。

その至福感を1度でも実感できれば、思い出しただけで・・・また、その至福感が蘇えってくるからだ。
思い出すだけで、満たされ・・・満足感で幸せになれる。それが・・・「魂」(たましい)と「魂」(たましい)で
結ばれた相手との・・・融合なのだろう。

むろんセックスでも「魂」(たましい)と「魂」(たましい)が融合し、肉体で感じるエクスタシーとは違うモノを、
体験はできるんだろうと思う。だが・・・それは、単に肉体的な満足感が優先されたような行為とは違う。
男女共に、「イク」とかって狭い範囲の中でのものなんかではないってことだ。つまり「満足」の種類が違う。

そもそも、本当に愛していれば・・・そんな「肉体的」満足感など、得られなくても・・・満足できる。
それは、恋愛でもいえるだろう。心底から愛している女であれば・・・男は抱けなくても愛し続けられる。
愛しているから「抱きたい」というのは、こりゃ男から言わせると都合の良い言葉かも知れない。

自省し自制できんと、欲望のままに行動するような男は・・・やめたほうがいい。
自分が、どんなに欲情したとしても・・・相手と状況を視て、抑制できんようなヤツは・・・あかん。
ンッ? (゚ペ) なんや、話しが・・・えらい反れてきてしもたがな・・・ココらで、お開きにしまっさぁ? ?福?

関連記事
スポンサーサイト






総 索 引 3kaku_s_L.png ★携帯待ち受け画像-END-★2,0
総 索 引 3kaku_s_L.png ★ライフコミュニケーション-END-★4,0
総 索 引 3kaku_s_L.png ★エコロジーなどの情報など-END-★4,0
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
【小規模から大規模へ・・・】へ  【あなたへのメッセージ?262】へ